マイナー仮想通貨投資でどこまで行けるかな?~快傑Zの大冒険~

日本の取引所で扱っていないマイナー仮想通貨に投資し元手0.1BTCからどこまで頑張れるかを 見届けるブログ。 知識ゼロから始めるため、700種類以上あると言われ仮想通貨の特性なども勉強しつつ仮想通貨辞典も作成しようという一大冒険記です!!温かい目で見てください。 twitterアカウント 快傑Z‏ @CryptoKaiketsuZ

仮想通貨とは・・
国家の中央銀行によって管理されることなく、ピア・ツー・ピア(P2P)技術を利用し、参加者同士により取引が成立する通貨です。
ノード(特定の参加者)同士がブロックチェーンという分散型台帳ネットワークに取引内容を検証/合意形成/記録を行うことで通貨の運営が成立します。
これが中央集権型ではなく分散型の通貨と呼ばれる所以です。
正式には暗号通貨と呼ばれるようですが、個人的に 仮想通貨 という言葉が気に入っているのでこれで通します。


【主なコンテンツ】
●仮想通貨辞典
代表格である ビットコイン以外にも100以上存在する仮想通貨を種類に調べて仮想通過辞典として不定期更新。

●マイナー仮想通貨投資日記 
2017/5/21 マイナー仮想通貨だけでの投資日記を始めました。

●用語集


仮想通貨を人物に例えて 歴史を学ぼう! お試し編

本日は、仮想通貨の値段が大暴落!! 生きてますか?

分かり易い?分かり難い? 仮想通貨の銘柄で学ぶ歴史

・・・・ってなわけで、突然始まりました。
歴史とは、まるでブロックチェーンの如く、数珠繋ぎで流れていくもの・・・・。
歴史好きが無理やり仮想通貨と結びつけてマニアックな歴史を語るコーナーです。


今日は、皆さんお馴染みの「享徳の乱」を仮想通貨で語りますよ!
え?ご存知ない? 
時は室町時代後期、1333年に鎌倉幕府を滅ぼしてその後いろいろあった末に
京都に幕府を開いた足利将軍ですが、武士の都の鎌倉に副将軍として「関東公方」を配置しました。

関東公方」四代目の持氏は将軍家の血を引きながら 二番目の地位に甘んじていることに不満を覚え室町幕府に反乱するが、滅ぼされてしまいます永享の乱
一時、鎌倉には関東公方が不在で、関東管領:上杉家が収めていたが、やはり足利家の
威光が必要ということで
 京に預けられていたが、持氏の遺児:永寿丸が元服足利成氏となると新関東公方として鎌倉入りしました。
しかし、親を殺された恨みを忘れることが出来ず、古河に自分の勢力圏を構築し
古河公方と名乗りました。

関東に 2人の関東公方が存在することになりました。
あれ?これって 「THE DAO事件」「ハードフォーク問題」で分裂した

f:id:Zbaron:20170128231023p:plainイーサリアムとf:id:Zbaron:20170204200908p:plainイーサリアムクラシックに似てませんか?
もちろん京都の足利将軍家f:id:Zbaron:20170128230548p:plainビットコインです。

f:id:Zbaron:20170616002806j:plain

勝手に古河公方を名乗った足利成氏に対して、関東公方に威光を背景に
関東管領:上杉家勢力が攻めかかります。

f:id:Zbaron:20170128231023p:plainイーサリアムをベースの優秀なトークンが続々登場している状況に似ていますね。
キラーアプリがないf:id:Zbaron:20170204200908p:plainイーサリアムクラシックはやや劣勢です・・・。

f:id:Zbaron:20170616003000j:plain

そんな中、関東管領の家宰である長尾景春が地域の豪族を独自の支配権を
構築し、よりにもよって古河公方と手を組みます。長尾景春の乱)
古河公方の反撃が始まりました。

 スマートコントラクトの機能をサイドチェーン化し、それぞれの地域別に
システムアレンジすることが出来るf:id:Zbaron:20170204201212p:plainLiskが長尾景春の動向と被ります!

f:id:Zbaron:20170616003312j:plain

関東公方が劣勢な中、関東管領上杉家の家宰であった太田道灌
大活躍をし、長尾景春と激闘を繰り広げて(用土原の合戦)勝利
長尾景春を追い詰めます。
劣勢になった古河公方は 長尾景春に相談もなしに関東公方と和睦をしてしまい。
頼る味方がいなくなった長尾景春も軍門に下りました。

f:id:Zbaron:20170616003730j:plain

一時、関東に独自勢力を築いた 古河公方長尾景春を破った太田道灌の名声はうなぎ登り!!
不安に思った 関東管領上杉家は、家臣の太田道灌を騙し討ちにして暗殺してしまいます。
ICOで名声を得て現在も価値がうなぎ登りのf:id:Zbaron:20170616005621j:plainGNOSISを太田道灌に例えてみました!

f:id:Zbaron:20170616004127j:plain

太田道灌の死後は、関東管領上杉家内の争いや古河公方長尾景春などが入り乱れての
大混戦・・・・・。 京都でも応仁の乱が勃発している状況です。

そんな中、伊豆より新らたな勢力が関東制覇を目論んでいました。
後に関東の覇権を握る戦国北条家の祖:北条早雲です。

北条早雲は地元農民を大事にしたことでハーベスト(収穫)をイメージし

f:id:Zbaron:20170128231947p:plainNEMに例えてみました。

f:id:Zbaron:20170616004347j:plain

まとめ

長々と自己満足な歴史観を語ってきましたが、何を言いたいかというと
まだ、この時代は武田信玄上杉謙信今川義元もそして織田信長も、徳川家康も登場していないんです。
今の仮想通貨も f:id:Zbaron:20170128230548p:plainビットコインf:id:Zbaron:20170129000935p:plainリップルf:id:Zbaron:20170128231023p:plainイーサリアムが羽振りを聞かせていますが、あの弱小勢力だったあの草コインが実は天下統一を果たす可能性もあるかも?ということを 伝えたかったのであります。

まだまだ下剋上も始まっていないぞ!!

 

これ、需要ないと思うけど自分だけが楽しいから気まぐれで続けます!!