マイナー仮想通貨投資でどこまで行けるかな?~快傑Zの大冒険~

日本の取引所で扱っていないマイナー仮想通貨に投資し元手0.1BTCからどこまで頑張れるかを 見届けるブログ。 知識ゼロから始めるため、700種類以上あると言われ仮想通貨の特性なども勉強しつつ仮想通貨辞典も作成しようという一大冒険記です!!温かい目で見てください。 twitterアカウント 快傑Z‏ @CryptoKaiketsuZ

仮想通貨とは・・
国家の中央銀行によって管理されることなく、ピア・ツー・ピア(P2P)技術を利用し、参加者同士により取引が成立する通貨です。
ノード(特定の参加者)同士がブロックチェーンという分散型台帳ネットワークに取引内容を検証/合意形成/記録を行うことで通貨の運営が成立します。
これが中央集権型ではなく分散型の通貨と呼ばれる所以です。
正式には暗号通貨と呼ばれるようですが、個人的に 仮想通貨 という言葉が気に入っているのでこれで通します。


【主なコンテンツ】
●仮想通貨辞典
代表格である ビットコイン以外にも100以上存在する仮想通貨を種類に調べて仮想通過辞典として不定期更新。

●マイナー仮想通貨投資日記 
2017/5/21 マイナー仮想通貨だけでの投資日記を始めました。

●用語集


BLITZCash(ブリッツキャッシュ)

f:id:Zbaron:20170613214032j:plain

BLITZCash(ブリッツキャッシュ)
通貨記号:BLITZ
発行量上限:上限なし
承認時間:1分
承認アルゴリズム:PoS

BLITZCashは、Blitzリワードプログラムを通じて15000BLITZをウォレットに保有しているユーザに対して、毎月報酬が与えられます。

また30000BLITZ保有者はBlitzエグゼクティブの権利が与えられ開発プロジェクトに関われる機会に恵まれます。

BLITZCashにはいくつかのプロジェクトがあります。

The Viral Exchange

ソーシャルメディアのプレゼンスを高め、ユーザをウェブサイトに誘導する業界標準となることを目指しています。 
TwitterFaceBookなどのSNSで訪問者を増やすためにポイントを利用することが可能です。また付与されたポイントはそれぞれのSNSにおいてビットコイン、NXT、BLITZCashに交換することが出来るプラットフォームを提供します。

※似たようなサービスは日本の取引所Zaifで Twiterアカウントを利用して
XEM、MONAZaifトークンなどをフォロワーにチップで配布する機能を導入しています。
それをイメージしてもらえればと思います。 取引所Zaifこちら↓

そういえばREDDCoinもSNSでチップを支払うプロジェクトでありました。
類似の銘柄なのではないかと・・・今更気づきました!!

zbaron.hatenablog.com

Fitalize

GPS対応のフィットネス機器を使用して各種エクササイズをすることによりBlitzcashを獲得することができます。
日本の通信キャリアでもスマホに万歩計を付けてランニングの距離を計測するような機能があると思います。それの暗号通貨版のようなイメージかなあ・・・・。
報酬貰えるなら継続するでしょう(w)

 

◆BLITZ MM は開発中で実態がまだ未公開です。

 

BLITZCashは 海外取引所BITTREXで購入可能です。

 

BLITZCash公式サイト

http://blitz.cash/