快傑Zの宣言~仮想通貨で誰かしらに何かしらをやります~

~マイナー仮想通貨投資でどこまで行けるか?/仮想通貨技術でいろいろ遊ぶ~をモットー

(日本の取引所で扱っていない)マイナー仮想通貨投資を 元手0.1BTCからどこまで頑張れるかを見届けるブログ。で始めたつもりが、
仮想通貨技術で投資以外にいろいろ遊べることに気づいてしまったため、 支離滅裂な記事が時折散りばめられますが知識ゼロから始めたため温かい目で見てください。

仮想通貨ランキング

分散合意形成アルゴリズムの種類(PoW、PoS、Pol)

ブロックチェーンの分散型台帳ネットワークにより高度なセキュリティ担保が取れることが証明されたため 国や中央銀行などの中央集権型ネットワークに頼らない、仮想通貨が現実のものとなりました。
※ブロックチェーンとは

zbaron.hatenablog.com


ブロックチェーンで利用されている合意形成アルゴリズムにはいくつかの種類があります。

プルーフ オブ ワーク「Proof-of-Work」(PoW)

プルーフ オブ ステーク「Proof-of-Stake」(PoS)

プルーフ オブ インポータンス「Proof of Importance」(PoI)

 

プルーフ オブ ワーク「Proof-of-Work(PoW)」は様々な仮想通貨で採用されている代表的な方式です。
直訳すると「仕事による証明」でしょうか。

 全世界に分散しているマイナー(仮想通貨の取引を集計する人もしくは業者)が刻一刻変化している通貨の取引内容を多数決によって合意形成されるため、偽造が出来ずセキュリティが保たれる仕組みです。
 この行為をマイニング(採掘)と呼ばれていますが、ブロックにおける特定のナンス(nonce)を探す作業のことを指し出した者が報酬を得ることになるため、誰よりも早く計算できるように高性能PCの導入が不可欠です。ビットコインのような規模の市場では大規模施設となり電気量も膨大なためecoではないという課題があります。
なお、個人でマイニング参入はほぼ不可能でしょう。
 ほぼありえないことですが、マイニングのシェアを51%以上独占された場合は、証認の決定権も握られてしまうため通貨偽造などの脆弱性が発生する危険性があります(51%攻撃問題)。
 採用している通貨:ビットコイン、モネロ、Zcashなど


プルーフ オブ ステーク「Proof-of-Stakeは(PoS)」は、マイニングが非ecoであり、51%攻撃などPoWの課題の代替案として考案された方式です。
直訳すると「保有による証明」でしょうか。
これはマイナーのcoin ageという係数(通貨の保有額と保有期間で算出されるポイント)により算出されるだけの報酬が支払われる仕組みとなっております。
 マイニングに相当する用語としてフォージング(鋳造)と呼ばれています。
PoWのように計算早いもの勝ちで報酬を得る必要がないため、低性能のパソコンでもフォージングが出来るため、Powに比べてecoに優しい方式であると言えます。
 coin-ageの概念があるため悪意のある者が攻撃をする場合は、流通している通貨の過半数を所有し、長期間保有年数を有する必要があるため、現実的には不可能です。

 最初にPowの仕組みを導入した仮想通貨がPeercoinです。
 ただこの方式にも欠点があります。
通貨の保有量が多いマイナーが有利であるため、通貨の流動性が停滞する。
絶大な財力と権力を持つユーザが通貨買占めを宣言してしまうことによるリスクが挙げられます。

採用している通貨:Peercoin、イーサリアム、BlackCoin、Reedcoin

プルーフ オブ インポータンス「Proof of Importance(PoI)」という方式もあり、これは仮想通貨NEMで採用されています。
直訳すると「重要性による証明」でしょうか。
 マイニングに相当する用語としてハーベスティング(収穫)と呼ばれています。
ハーベスティングの権利を得られるのは10000XEM以上保有する必要があります。
 XEMの発行量上限まで達しているため、新たに発行されません。そのため、取引手数料が報酬になります。
NEMネットワーク内で、ユーザがどれだけ貢献したかによって報酬が支払われます。
ですので、単に通貨を保有しているだけではダメでどんどん流通させるなど「重要度」となるPoIポイントを上げることが必要になってきます。
 これはNEMの思想で 富の格差をなくし 平等な通貨ネットワークを構築するというものに基づいたセキュリティの担保となります。
 採用している通貨:NEM

 

ふふふ・・・・
それぞれの特徴を理解して マイニングで仮想通貨を増やしていくのは如何?
そのためには複雑な計算式を理解し、PCの導入をしなければならないだろうが、
それもまた一興・・・・。