読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

マイナー仮想通貨投資でどこまで行けるかな?~快傑Zの大冒険~

日本の取引所で扱っていないマイナー仮想通貨に投資し元手0.1BTCからどこまで頑張れるかを 見届けるブログ。 知識ゼロから始めるため、700種類以上あると言われ仮想通貨の特性なども勉強しつつ仮想通貨辞典も作成しようという一大冒険記です!!温かい目で見てください。

仮想通貨とは・・
国家の中央銀行によって管理されることなく、ピア・ツー・ピア(P2P)技術を利用し、参加者同士により取引が成立する通貨です。
ノード(特定の参加者)同士がブロックチェーンという分散型台帳ネットワークに取引内容を検証/合意形成/記録を行うことで通貨の運営が成立します。
これが中央集権型ではなく分散型の通貨と呼ばれる所以です。
正式には暗号通貨と呼ばれるようですが、個人的に 仮想通貨 という言葉が気に入っているのでこれで通します。


【主なコンテンツ】
●仮想通貨辞典
代表格である ビットコイン以外にも100以上存在する仮想通貨を種類に調べて仮想通過辞典として不定期更新。

●マイナー仮想通貨投資日記 
2017/5/21 マイナー仮想通貨だけでの投資日記を始めました。

●用語集


NEM(ネム)

f:id:Zbaron:20170128231947p:plain

NEM(ネム)
通貨表記:XEM
承認時間:約1分
発行量上限:89億

これも私が注目している仮想通貨の一つ。
BTCとは異なるブロックチェーンで富の平等分配をモットーに
分散型プラットフォームを構築を目指しています。

NEMの機能として、独自トークン(通貨)の発行、公正証明/認証の発行、メッセージ送信など 通貨以外の機能があります。

独自通貨の発行方法としては、「ネームスペース」というインターネットでの「ドメイン」のようなものを所得(有料で年間契約)し、「モザイク」を発行する権利も購入します。この「モザイク」が自分のネットワーク圏内の通貨となります。
 ※ある意味自分の王国で経済圏を作り上げることができるのです。

 

日本企業:テックビューロが、所有権移転可能なブロックチェーンツール「アポスティーユ」を無償公開。
これによって文書・契約書・データなどのあらゆる記録を第三者を介することなく証明できるようになります。

BTCではマイニング(採掘)で報酬を受け取るマイナー業者が存在しますが、NEMではハーベスト(収穫)と呼ばれ10,000XEMを持っている人は誰でも、ハーベスティングノードというノードの権利を得られトランザクションの手数料を得ることができます。
マイニングのように高性能PCではなく自宅PCレベルでのハーベスト可能のようです。

 モバイルウォレット、マレーシアのNEM公式団体の設立などNEMを利用したプロジェクトが予定されており、前述の通り様々な機能が搭載されているため、需要が多くなっていくことでBTCの覇権を揺るがす仮想通貨になるのではないかと期待しています。

 
NEMの購入をしたい場合は Zaifがお薦め ↓
※手数料が-0.01%ですのでお得!!