快傑Zの宣言~仮想通貨で誰かしらに何かしらをやります~

~マイナー仮想通貨投資でどこまで行けるか?/仮想通貨技術でいろいろ遊ぶ~をモットー

(日本の取引所で扱っていない)マイナー仮想通貨投資を 元手0.1BTCからどこまで頑張れるかを見届けるブログ。で始めたつもりが、
仮想通貨技術で投資以外にいろいろ遊べることに気づいてしまったため、 支離滅裂な記事が時折散りばめられますが知識ゼロから始めたため温かい目で見てください。

仮想通貨ランキング

NEM(ネム)

f:id:Zbaron:20170128231947p:plain

NEM(ネム)
通貨表記:XEM
承認時間:約1分
発行量上限:89億

これも私が注目している仮想通貨の一つ。
BTCとは異なるブロックチェーンで富の平等分配をモットーに
分散型プラットフォームを構築を目指しています。

NEMの機能として、独自トークン(通貨)の発行、公正証明/認証の発行、メッセージ送信など 通貨以外の機能があります。

独自通貨の発行方法としては、「ネームスペース」というインターネットでの「ドメイン」のようなものを所得(有料で年間契約)し、「モザイク」を発行する権利も購入します。この「モザイク」が自分のネットワーク圏内の通貨となります。
 ※ある意味自分の王国で経済圏を作り上げることができるのです。

 

日本企業:テックビューロが、所有権移転可能なブロックチェーンツール「アポスティーユ」を無償公開。
これによって文書・契約書・データなどのあらゆる記録を第三者を介することなく証明できるようになります。

BTCではマイニング(採掘)で報酬を受け取るマイナー業者が存在しますが、NEMではハーベスト(収穫)と呼ばれ10,000XEMを持っている人は誰でも、ハーベスティングノードというノードの権利を得られトランザクションの手数料を得ることができます。
マイニングのように高性能PCではなく自宅PCレベルでのハーベスト可能のようです。

 モバイルウォレット、マレーシアのNEM公式団体の設立などNEMを利用したプロジェクトが予定されており、前述の通り様々な機能が搭載されているため、需要が多くなっていくことでBTCの覇権を揺るがす仮想通貨になるのではないかと期待しています。

 
NEMの購入をしたい場合は Zaifがお薦め ↓
※手数料が-0.01%ですのでお得!!