読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

マイナー仮想通貨投資でどこまで行けるかな?~快傑Zの大冒険~

日本の取引所で扱っていないマイナー仮想通貨に投資し元手0.1BTCからどこまで頑張れるかを 見届けるブログ。 知識ゼロから始めるため、700種類以上あると言われ仮想通貨の特性なども勉強しつつ仮想通貨辞典も作成しようという一大冒険記です!!温かい目で見てください。

仮想通貨とは・・
国家の中央銀行によって管理されることなく、ピア・ツー・ピア(P2P)技術を利用し、参加者同士により取引が成立する通貨です。
ノード(特定の参加者)同士がブロックチェーンという分散型台帳ネットワークに取引内容を検証/合意形成/記録を行うことで通貨の運営が成立します。
これが中央集権型ではなく分散型の通貨と呼ばれる所以です。
正式には暗号通貨と呼ばれるようですが、個人的に 仮想通貨 という言葉が気に入っているのでこれで通します。


【主なコンテンツ】
●仮想通貨辞典
代表格である ビットコイン以外にも100以上存在する仮想通貨を種類に調べて仮想通過辞典として不定期更新。

●マイナー仮想通貨投資日記 
2017/5/21 マイナー仮想通貨だけでの投資日記を始めました。

●用語集


Ethereum(イーサリアム)

f:id:Zbaron:20170128231023p:plain

イーサリアム

通貨表記:ETH
承認時間:15秒
採掘量上限:7200万(さらに追加される可能性あり)

ブロックチェーン基盤上にDapps(分散型のアプリケーション)やスマートコントラクトの実装を可能にするために作成されたプラットフォームの総称がイーサリアムです。

イーサリアムの開発フェーズは4段階と言われおり
Frontier(フロンティア)→Homestead(ホームステッド)→Metropolis(メトロポリス)→Serenity(セレ二ティ)で完成になり、2017/1現在は2段階目のHomesteadのステータスで、もうじき3段階目のメトロポリスに移行すると言われています。

重要なキーワード「スマートコントラクト(直訳すると”賢い契約”)」の画期的な点とは、管理者不在で売買や契約の履行が出来てしまう仕組みが構築できるのです。
 しかもブロックチェーン上に書き込まれた内容は書き換えられることはできないため、不正な取引ができなくなるのです。
(逆に人間的な情状酌量な考え方が出来なくなる世の中にもなってしまう?)

ビットコインとは異なる独自ブロックチェーン基盤であるため、将来ビットコイン系の
通貨に対抗馬となるのはこのイーサリウムではないか?と個人的に私が将来性を感じている仮想通貨である。

別項で記述予定だが、ハードフォーク問題、The DAO問題などで一時期イーサリアムの信用が低下したり、イーサリアムクラシック(ETC)に分裂するなど騒動があったが、
前述の通り、世界を革新する力を秘めているため注目です。

 

 イーサリアムの購入には Coincheckがお薦め ↓

日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin

イーサリアムの購入にもbitFlyerが利用できます ↓ bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で