読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

快傑Zの仮想通貨革命ゴッコ

中世から仮想通貨元年に迷い込んだ謎の人物 快傑Zによる革命前夜の忘備録です。知識ゼロから始めているので温かい目でみてください

仮想通貨とは・・
国家の中央銀行によって管理されることなく、ピア・ツー・ピア(P2P)技術を利用し、参加者同士により取引が成立する通貨です。
ノード(特定の参加者)同士がブロックチェーンという分散型台帳ネットワークに取引内容を検証/合意形成/記録を行うことで通貨の運営が成立します。
これが中央集権型ではなく分散型の通貨と呼ばれる所以です。
正式には暗号通貨と呼ばれるようですが、個人的に 仮想通貨 という言葉が気に入っているのでこれで通します。
代表格である ビットコイン以外にも100以上存在する仮想通貨を種類に分類してみました。

仮想通貨辞典 
◆アルトコイン・・・ビットコインと同様に貨幣としての利用が目的の通貨
◆送金プロトコル・・・分散型決済ネットワークを利用するための通貨
◆ビットコイン2.0・・・ビットコインをベースとして貨幣以外の機能を拡張した通貨
◆匿名通貨・・・匿名性に特化した通貨
◆疑惑の通貨・・・仮想通貨として売り出しているものの「?」と思われるもの。
◆スマートプロパティ・・・資産価値の流通を目的とした仮想通貨プロジェクト


用語集

Bitcoin(ビットコイン)

仮想通貨辞典

f:id:Zbaron:20170128234240p:plain

ビットコイン

通貨表記:BTC
承認時間:約10分
採掘量上限:2100万

仮想通貨の代名詞ともいえるのがビットコインである。
謎の人物「ナカモトサトシ」による発表された中央集権によるコントロールされる
ことない革新的な通貨の概念が考えられました。
その技術として「ブロックチェーン」という分散型公開台帳ネットワークが考案されました。

2010年に1BTC=8セント(1ドル=100円として0.01ドル=1セント≒1円)だった
ものがその数年後には1BTC=1000ドルまで上昇している。
1BTC=2000ドル以上との予想まで出ている。

ビットコインはあくまで通貨としての概念しかないため、仮想通貨1.0と呼ばれています。
 ビットコインに付加価値を加えられた通貨をカラードコインまたはビットコイン2.0と呼ぶことがあります。

将来、仮想通貨が現物通貨に成り替わる存在になるかは、ビットコインの流通が世界に
広まるかにかかっているといっても過言ではないと思われます。

 

Bitcoinを購入するのにお薦め ↓ bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で