読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

快傑Zの仮想通貨革命ゴッコ

中世から仮想通貨元年に迷い込んだ謎の人物 快傑Zによる革命前夜の忘備録です。知識ゼロから始めているので温かい目でみてください

仮想通貨とは・・
国家の中央銀行によって管理されることなく、ピア・ツー・ピア(P2P)技術を利用し、参加者同士により取引が成立する通貨です。
ノード(特定の参加者)同士がブロックチェーンという分散型台帳ネットワークに取引内容を検証/合意形成/記録を行うことで通貨の運営が成立します。
これが中央集権型ではなく分散型の通貨と呼ばれる所以です。
正式には暗号通貨と呼ばれるようですが、個人的に 仮想通貨 という言葉が気に入っているのでこれで通します。
代表格である ビットコイン以外にも100以上存在する仮想通貨を種類に分類してみました。

仮想通貨辞典 
◆アルトコイン・・・ビットコインと同様に貨幣としての利用が目的の通貨
◆送金プロトコル・・・分散型決済ネットワークを利用するための通貨
◆ビットコイン2.0・・・ビットコインをベースとして貨幣以外の機能を拡張した通貨
◆匿名通貨・・・匿名性に特化した通貨
◆疑惑の通貨・・・仮想通貨として売り出しているものの「?」と思われるもの。
◆トークンエコノミー・・・資産価値・権利をトークン(証券)で売買する目的の通貨/FONT>

用語集

はじめに 

『微かにしか覚えていないのですが、ある決闘の最中に閃光が走り、気が付いたら見知らぬ時代に見知らぬ国に来てしまっておりました。
紹介が遅れましたが、この時代からすると中世の時代から来た貧乏貴族のZ(ゼット)と申します。中世では悪どい領主や商人からお金を巻き上げて民衆に金をばら撒く
”快傑Z”を名乗り活動しておりました。
数百年と時を超え科学や技術の進歩に驚愕しているこの時代において、さらに通貨の概念が変革の時代を迎えているという・・・

「仮想通貨!?」 なんとも不思議な響きではないか!

ブロックチェーン? スマートコントラクト? 何なんだ?

知れば知るほど不可思議であるが、仮想通貨には 通貨の定義だけに留まらずテクノロジー分野でも、世の中を変革に導く力を秘めている・・・・。

21世紀に迷い込んで3か月の月日が経過した。この未知なる仮想通貨の魅力に取りつかれてしまったため、これまで覚えた知識とこれからも忘備録としてここにペンを取るのである。』

 

という訳で 雷鳴轟く日に閃光の先で倒れていた中世から現代に現れた"貧乏貴族Z"をお世話をすることになり、彼が書いた日記をブログへと投稿するのを代筆させていただくことになりました。

私自身も 仮想通貨を知らないため、勉強しながらつづる内容となります。
このブログをたまたま読まれた知識豊富な方にとっては取るに足らない内容かと思います。もし間違いなどがありましたらいろいろとご教授を頂きたく思います。

 

ビットコイン、イーサリアムやNEMなど有名どころを勉強しつつ取引量が少ないマニアックなアルトコインも含めて快傑Zと名乗り少しづつ知識を増やしていく日記となりますので 温かく見守ってくださいませ!!